また間があいてしまいましたが

グラキスのあとに俺ウサ10に委託で薄っぺらい本を出しまして、そのあとヒロショで新井さんとリバ合同誌を出してました。

ここに書こうと思っていたんですが気がつけば4月になっていた…。

備忘録的にあれこれ活動記録を書きつけておこうと思って始めたはずなんですが、そういえばアンソロとかはけっこう書き漏らしもありますね。

当面、オフ活動は夏コミまではお休みです。

のつもりでしたが、もしかしたら間に一件持ち上がっている企画があるので別途お知らせするかもしれません。

 

お休みの間に秋のイベントラッシュにそなえてせめてネタをねりねりしておかないとと思いつつやってないっすね。案の定だよ。

サイジェノびるばにを1本ずつ書きました。

びるばにのほうはおゆみさんが絵を描いてくださるそうなので、またあらためてpixivにあげる予定です。

 

サイジェノは自分でもわかって落ちた沼だったんですが、ジェノスくんが悲劇的な過去持ちの復讐に燃える美形って時点でバニーちゃんに重ねて見てしまって、どうしても「復讐を遂げた後」の話を書かずにはいられませんでした。

バニーちゃんはとうとう自分の手で復讐、断罪する機会を奪われたわけだけど、たぶんジェノスくんは成し遂げるんだろうなと思っています。その後どんな心境になるのか、バニーちゃんは永遠に体験することがないんだよなぁ…。

別作品のキャラを重ねて見るのはどちらの作品にも失礼というか、尊重していない感じで気が引けるんですが。

 

びるばには以前書いたカフェパロの続きというか同じ設定です。

現パロはこのカフェパロと、嫁おにアンソロくらいしか書いてないんですが、楽しくもあり難しいです。

原作から性格は引き継げても設定は別に作らないといけないので、そこを考えるのは面白いけど不自然でない接点をもたせるのがなかなか苦心しますね。

いまのところはカフェで働くアポロントリオと常連のびるびるでしかないので、びるばににしていこうとすると、復讐という共通項のないふたりになんかしら接点を持たせる必要があるので、ここから先はじっくり考えます。

びるびるがバーナビーさんめあてで通っているというライアンのセリフには根拠があるんですが、それもそのうち書けたらいいな。